中里十『どろぼうの名人』ガガガ文庫

どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)

どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)

再読なのだけれど、最初に読んだときまったく「読めてなかった」と気づいた。
作中に何度か出てくる「川井愛を××している」という初雪の自問は、半ば頃まで「あい(愛)」ではないかと思わされるが、そこで「愛している」という言葉が並列されこれは否定される。さりとて「恋」かというと文脈にそぐわない。初雪自身「××がなんであるかわからない」と言っているが、行動や言動、意識にそれがなんであるかが読者へのヒントになり、また作者が意図して伏せたのは読者に対しての意識ではなく初雪の心情変化に合わせたのと、物語自体の構造に深く絡ませるためだった。この××は最後まで埋められないままだが、答えはちゃんと提示される。ただし明確な言葉ではなく……。
 タイトルは同名の童話から持ってきたものだが愁眉。これは上手い。この作品には、このタイトルしかないと思う。いったい誰が本当の「どろぼうの名人」なのかを考えるのも楽しい。個人的には、葉桜に同情した。初雪が愛すべき実の妹であったことは、まさしくあらゆる意味で運の尽きである。キャラクターの中では初雪がやはり一番輝いている。主人公が一番良いという小説は、作品そのものの出来不出来をさておいても素晴らしいと思う。次点は川井文。大人みたいな子どもではなく、大人ぶっていることどもでもなく、大人びている子どもであるところが良い。