四有 

 それぞれの世界に生を受ける瞬間を意味する生有(しょうう、upapatti-bhava)
 生を受けてから死ぬまでの一生の期間である本有(ほんぬ、puurva-kaala-bhava)
 死ぬ瞬間を意味する死有(しう、maraNa-bhava)
 死んでから次の生を受けるまでの期間である中有(ちゅうう、antaraa-bhava)

「生有……。本有、死有、中有かぁ」

 やっぱりもっと勉強したい……。

広告を非表示にする