リアクションみたいな記事を書いてみる

 ひさしぶりに面倒くさい事を考えている秋山くんを見た気がした。

 というのは、彼は結構こういう文章を書いているからです。そもそも蒼桐が秋山真琴を見つけたのは、はてなダイアリー時代の「思考」とかなんかそんなカテゴリーで投稿していた長文を読んで気になったからです。
 当時の自分は読むことにも書くことにも貪欲で、ついでに不遜極まりない小僧だったので「毎日毎日これほどの長文を投稿するのはどんなヤツなのだろう?」と興味を抱いたのでした。
 なお、いまでも不遜なあるいは傲慢な面は持っていると思いますが、少なくとも「そういうところが自分にはあるので気をつけよう」と意識してはいます。行き届いていなかったらごめんなさい。


 過去の話はこれくらいにしましょう。
 最近ご無沙汰なのですが、なんのかんので秋山くんとの縁は結構長く続いています。表に出る機会が重ならないだけで、そこに関係性が生まれれば機会は巡ってくるでしょう。大雑把にもほどがあるとは思いますが、それくらいがちょうど良いと最近思えるようになりました。
 他者との距離は、無理に詰めようとすると大抵はろくな事にならない、ということを身を以て知ったからです。
 いっぽうで、いつなにが起きるかわからないので、機会を見つけたならどんどん活かして行こうとも思っています。
 それが、自分にとっての「悔いを残さない選択のやりかた」なのではないかな、と。

 リンク先の記事を見ての通り、秋山真琴という人間は行動に際して計画的なのですが、結構思いつきで動く行き当たりばったりな面があります。行き当たりばったりでも支障が無いように計画を立てる人間、とも言えるかもしれません。
 実際、彼と関わって計画通りにいかなくとも結果が伴わなかったことはないし、結果が目算から外れても不満足だったことはないです。
 その結果に満足できるかできないか、言い換えれば自分が納得できるかできないかは私のとって非常に重要で、何を以て結果を成果と見定めるかの判断基準が常に自分に在るような気がします(傲慢ですね)。もちろん、依頼者など相手が存在する場合は別にして。

 記事を読んでいて、蒼桐大紀と秋山真琴の接点となっているのは「自分と他人や世界との関係性」に注視している事じゃないかなと思いました。当時、『山吹色外典』の校正を蒼桐に依頼したのは、この接点の共通性に気づいていたのかな、とも。
 結構、言葉の使い方の間違いや言い回しが変だったりして、もとの文章に干渉するぎりぎりまで突っ込みました。文語も結構多かったので、本棚から『広辞林(広辞苑の御先祖様)』を引っ張り出して対応する言葉を探したこともありますね。ちなみに、いまでもこういうケースはあるので、紙の辞書はなるべく保持してあります。

 

山吹色外典 (回廊文庫)

山吹色外典 (回廊文庫)

 
山吹色外典

山吹色外典

 

 
 それはさておき、本人が自信作というように関わった他者からしても、自信を持ってオススメできる短編集です。
 読みやすい、と感じた人がいたら私はこっそりにやにやします。

 人生百年ですかあ……。
 それくらいの気構えでいた方が良いのかもしれませんね。
 というわけで、自分のペースでゆるゆると生きていきます。

 

 ……ぶっちゃけ、そうとでも書いておかないとすぐ焦るのですよ。

 

HGBFストライカージンクス

 HGBFストライカージンクス完成しました。

f:id:shisiki:20180930061528j:plain

 Twitterにも書きましたが、旧日本海軍第653航空隊の零戦52型を意識してみました。ただ、部隊番号を貼ってから機体番号も貼ることにしたので、尾翼の「653-131」のようにはならず左右逆になっているのはご愛敬。

f:id:shisiki:20180930061524j:plain

 本体はほぼ無塗装。スミ入れをした後、プレミアムトップコート(つや消し)を全体に噴いてあります。GNスマートガンはファントムグレー。GNディスチャージャーはニュートラルグレーです。
f:id:shisiki:20180930061526j:plain

 最初は武器だけ塗装して、本体はスミ入れのみでトップコートを噴く気は無かったのですが、ゲート処理跡にペーパーをかけた部分が思いのほか目立ってしまったためデカールの練習も兼ねてトップコートまでやることにしました。
 デカールは全て「ガンダムデカール鉄血のオルフェンズ汎用1」です。数字とコーションマークはそのままですが、他はカットしてアレンジしています。

f:id:shisiki:20180930061527j:plain

  これまではロボットメカモデルにデカールを使ってこなかったため、水性トップコート(しかもプレミアム)を使うのもはじめてで、かなり苦戦しました。通常の水性トップコートはわかりませんが、プレミアムトップコートの場合、薄めに噴こうとすると粒子が散ってしまって粗が目立ち、入念に噴きすぎると白化します。
 結果、失敗しまくって、乾燥後にラッカー薄め液と水を使って布で拭き取り、やり直すこと数度。意外だったのは、この工程で脱落したデカールがほとんど無かったことです。
 失敗の原因はあまりに久しぶりだったため、私がスプレーの噴きつけ方を忘れていたのが半分、残りはプレミアムトップコートの特性上、乾燥が早く塗装中でもスプレーの噴射口を適宜拭ってやらないと、そこに乾燥したトップコートの破片がこびりつくからです。これにすぐ気づけなかったのが痛かったです。

f:id:shisiki:20180930061525j:plain

 この他、気になるところは多々あるのですが、修正していると切りが無くなって完成しなくなるので、ここで切り上げました。
 それから、プレミアムトップコートの特性なのか、キットの個体差なのかパーツの接合が緩い部分があって、特に右の手甲と足首の装甲板がぽろりしまくります。前者はマスキングテープを噛ませて対応してますが、後者は接着した方がいいかも……。

f:id:shisiki:20180930061533j:plain

 カラーリングが零戦より淡いため、陸上自衛隊10式戦車のマーキングも参考にしています。デカールは当初、あちこちに貼っていたのですが、トップコート修正の段階で脱落しました。ただ、完成してみると、これくらいのバランスで丁度良かったようです。

f:id:shisiki:20180930061538j:plain

 幸いあんまり目立っていませんが、合わせ目消しもやっていません。というより、イラストや設定画に沿って合わせ目を消していくと、整備はどうするんだろう? な疑問が出てくるため、ガンプラに限らず合わせ目消しは基本やらないことにしています。

f:id:shisiki:20180930061537j:plain

 実際、このストライカージンクスもアニメ本編とはかなり機体のラインが異なります。アニメの方は映像としての見栄え、模型の方は立体としての見栄えを優先させた感じですね。
 というわけで、模型の方はこちらの独自解釈を持ち込むことにしています。逆にその辺の差異が少ないフレームアームズなどは、工作技術が追いつく範囲で合わせています。

f:id:shisiki:20180930061539j:plain

 ちょっとしたこだわりとして、肩の部隊番号と機体番号が前方と後方で左右逆になるようにしてあります。これは、戦闘などで片腕が脱落した場合でも他機から認識しやすいと思ったからです。人型ならではの配慮が必要かな、と。
 あと、GNディスチャージャー背面の肉抜き穴をエポパテで埋めました。

f:id:shisiki:20180930061530j:plain

 よって、両肩にシールドを装備するとこうなります。機体番号のシールドを左肩に標準装備させた方が良かったかなとも思ったのですが、653の方が主張が強いので部隊番号の方を付けてあります。実際、運用する場合は機体番号を付けた方がいいでしょうね。

f:id:shisiki:20180930061531j:plain

 ストライカージンクスは発売時から注目していて、特にドーム型の四つ目が陣笠っぽいところに惹かれました。一応、頭部アーマーの下の顔も塗装してありますが、着脱する気が皆無のため撮影もしていません。トップコートの塗膜が干渉して、剥がれるのが嫌だというのもあります。でも、こういうところを塗るのと塗らないのでは、大きな違いだったりもします。

f:id:shisiki:20180930061534j:plain

 そんなわけで、最大の改造がこちら。この背面ユニット基部の肉抜きをジャンクパーツ(HGUCデルタプラスの手甲)で埋めました。頭が大きいのであんまり目立たないのですが加工の効果は絶大です。本当はプラ板を使った方がツライチ合わせができるので見栄えは良いのですが、それをやると全塗装しないといけなくなるので……。

f:id:shisiki:20180930061532j:plain

 成形色と似たような色を作って誤魔化してあります。個人的な感想ですが、トップコートはラッカーつや消しの方が良いかもしれません。00系は可動を強く意識しているため、塗膜によってクリアランスが厳しくなることはまずないと思います。なお、おおよそ部位ごとに分解した状態でトップコートを噴いています。キット付属のシールはセンサーアイのみ使用しています。

 上にも書きましたが、今回はトップコートの塗膜によるパーツ同士の干渉を気にしすぎて慎重にやりすぎたためか、接続が緩い部分をあります。改修したいのですが、クリアなどを塗って塗膜を作るくらいしか思いつきません。
 以前、接着剤で膜を作って軸を太らせるというやりかたを見かけて試してみたのですが、これだと接着剤の成分が表層の素材を溶かしてしまうので一時的には機能しても、最終的には逆効果なのでオススメしません。少し考えればわかることなのですが、一時的でも上手く行ってしまうと当然のことに気づけなかったりします。

 f:id:shisiki:20180930061528j:plain

「653空、発艦、始めてください」
「よーそろー。第一飛行隊、発艦はじめ!」
みたいな(笑)

 というわけで、機体番号の由来はマリアナ沖海戦時に瑞鳳所属だった第653航空隊の零戦52型です。ハセガワのキット解説によれば、131号機は瑞鳳小隊長機(指揮官機)らしいです。これは「第653航空隊の第1飛行隊第3飛行分隊機番1の機体」のことだな、と判断しました。マリアナ沖海戦での生還機でもあります。

 なぜ指揮官機=飛行隊長機なのに第3分隊なのかというと、当時の三航戦(第三航空戦隊)の編制が1番艦千歳(戦隊旗艦)、2番艦千代田、3番艦瑞鳳だったからです。653空は基地飛行隊として編制されており、零戦の割り当てが6、6、7機だったためです。マリアナ沖海戦では、航空隊司令が千代田、飛行長が千歳、副長と飛行隊長が瑞鳳乗り組みという一見するとちぐはぐな配置になっています。
 ここでの機番というのは、機体そのものに割り当てられた番号なので、10になったらどうなるんだろう? と思ったのですが。比較的画像資料残っているのは、マリアナ沖海戦以降なので、ハセガワの見解に手元の資料をすり合わせて131を上記のように解釈しました。
 参考にしたのは、『空母瑞鳳の生涯(桂理平著)』と当時の瑞鳳及び瑞鶴の戦闘詳報、マリアナ沖海戦後ですが当時の653空が出てくる映画『雷撃隊出動』です。本や映画はともかく、意外と一次資料が残っているので驚きました。

 

 以下、塗装部分のカラーレシピと参考文献です。塗料は全てMrカラー(クレオス)。特に付記のないものは、ラッカー塗料筆塗りです。

 ・GNスマートガン:ファントムグレー(ガンダムカラー/UG15)
 ・GNビームサーベル:エクストラシーグレー(333)
 ・GNディスチャージャー:ニュートラルグレー(スプレー)
 ・大腿部スラスター:ジャーマングレー(エナメル)
 ・スミ入れ:スミ入れブラック(エナメル)&スミ入れシャープペン
 ・頭部スリット他ブラック:セミグロスブラック(エナメル)
 ・背部ユニット肉抜き穴:グリーンFS34092(302)+ガルグレー(11)を7:3で混色
 ・デカールガンダムデカール鉄血のオルフェンズ汎用1×2
 ・全体仕上げ:水性プレミアムトップコート(つや消し)

 

空母瑞鳳の生涯―われ等かく闘えり

空母瑞鳳の生涯―われ等かく闘えり

 
雷撃隊出動 [東宝DVD名作セレクション]

雷撃隊出動 [東宝DVD名作セレクション]

 

 

本棚にある詩集の話

 付箋だらけにした『論理哲学論考』を本棚に差し込むと、付箋が飛び出ている本が目に付いた。『寺山修司少女詩集』だった。付箋を貼るほど熱心に読んだわりには、以前いつ読んだのか思い出せない。まあ、そんなもんだよな。だから、付箋を貼ったのだろうな……などと思いつつ、なんとなく国内作家の詩集を全部引っ張り出して布団の上に放射状に並べてみた。
 六冊。あれ? こんなものか?
 ともあれ、詩集はさほど数を持っていないため、蔵書している本はなにかしら買ったきっかけがある。特に国内作家だと顕著だ。と言うより、国外作家を含めてしまうと話も思考もややこしくなるので省いている。

西条八十詩集』白凰社→作詞の試行錯誤の過程か、「蝶(そういう題の詩がある)」を知った際であろう。
『誤解 田村隆一詩集』集英社→???
寺山修司少女詩集』角川文庫→たぶん、桜庭一樹が好きだった頃であろう*1
中原中也詩集』新潮文庫→詩歌を書き始めた頃であろう。
『日本の詩歌 萩原朔太郎』中公文庫。→同上

 改めて眺めてみると、保存状態は同じなのに扱われ方が顕著に異なる。この中で最も綺麗なのは中原中也。明らかに一回読んでそれっきりという体で、実際に影響も受けていない。付箋も貼っていなければ、栞すら挟んでいない。

中原中也詩集 (新潮文庫)

中原中也詩集 (新潮文庫)


 付箋を辿っていって受けた影響の大きさを思い知らされたのは寺山修司であり、おそらく最も良く吸収できていた頃なのだろうなあ、とも思った。「天文学」のところに付箋が貼ってあるのは、「バーチャルスター天文学」との関連を見出したからだろうね、わかるわー。

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

寺山修司少女詩集 (角川文庫)


 萩原朔太郎は、なぜその位置に付箋を貼ったのかが一瞥してすぐにわかってしまう。中公文庫のこの本は、註が非常に細かく、ついでに活字が小さく、情報量が豊富だ。変な位置に付箋を見つけたら、ページ下に視線を移せばいい。補註の位置と合致する。

 というか、「Omegaの瞳」はどれだけ好きなんだ。付箋が貼ってあってしかも栞まで挟んであった。好きだもんな。『猫町』にしたって、折に触れて手に取ることがあるからな。


 西条八十は、折を見て再読した方がいいかなー、と思った。まだまだ自分の中に浸透しきっていない。白鳳社のこのシリーズは、版型のわりに分量が多いので、詩集としてはコストパフォーマンスが優秀だと思う。

西條八十詩集 (青春の詩集 日本篇 20)

西條八十詩集 (青春の詩集 日本篇 20)


 さて、『田村隆一詩集 誤解』だけがなぜ持っているのかわからない。1978年度版、四六判。関係の無い本の帯が挟まっていたのも覚えている。その帯を心惹かれたページに挟んだのも覚えている。

 しかし、どういうきっかけで買ったのかだけが思い出せない。

 えっと、『さよならを教えて・公式設定原画集』で石埜三千保さんが紹介していたのは、入沢康夫だったか。現代詩を薦めてきそうな人間って、他にいたっけなあ? 
 こんな事考えていたら、以前読んだ茨木のり子の詩集を思い出して、うっかり注文しようとしてしまった。思いとどまった。
 茨木のり子梨木香歩がエッセイで引用していて「え、こんな詩も書く人なの?」と驚いて、地元の図書館で二、三冊まとめて借りてきて読んだのである。ああ、これにもきっかけがあるな。
 当時もいまも買うまで踏み切れないのは、装幀を豪華にした所為で値段が高いからなのである。 そこまで好きではない、ということもあるが、収録されている量が少ないのがわかっているから思い切れない。キンドル? あれは詩歌を読むにはおそろしく不向きなツールだと思う。尾形亀之助の『色ガラスの街』がそうだった。

 一応、詩歌を書く人間からすると、改行や一行の字数、1ページ内に表示される範囲も含めて作品なので、青空文庫のように余計なことをせずアーカイブしてくれた方がまだ伝わるのである。詩人とはめんどくせえ人種なのである。ぶっちゃけ、青空文庫を許容できる(縦書き→横書き)自分はまだ良い方で、昔詩集を出すというので寄稿した際に、改行で揉めていた人がいたなあ、などと遠い目をしてしまう。だったら、作者側で版型に合わせて調節すりゃいいじゃん、と思っていたことも思い出してしまった。え、その詩集はどうしたかって? いやあ、とんと記憶に御座いませぬ。

 ここまで記憶を遡行したのに、『田村隆一詩集 誤解』はどういうきっかけで買ったのだろうか?
 思い出せない。

*1:砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の頃だと思われる

ウィトゲンシュタイン/野矢茂樹 訳『論理哲学論考』岩波文庫

 

論理哲学論考 (岩波文庫)

論理哲学論考 (岩波文庫)

 

 

 知人が「『論理哲学論考(以降『論考』と略す』)』は数式が出てきたところで挫折した」と書いていたのだが、いまあらためて読んでみると“過去の自分が数式をすっ飛ばして読んでいた”ことが判明した。

 こうした読書が必要だと思ったから、『論理哲学的論考』を手に取ったので、大っ嫌いな数式にも向き合うことができた。覚悟ができていたのかもしれない。
 そうして気づいたのは、なにゆえウィトゲンシュタインが『論考』で数式を用いたのか、ということだ。

 おそらく、「どの言語に訳されても数式は数式のまま表されるから」ではなかろうか。ウィトゲンシュタイン自身がラッセルの解説について「英語からドイツ語への翻訳時の変化」を問題視しているように。

 そこで、専門家ではない読者(つまり私だ)は、訳注に頼ることになる。個人的に岩波文庫の訳注は「参照しにくく余談が多い」印象が強かったのだが、この『論考』の訳注は必要なことあるいは、必要と思われることだけが書いてあった。

 そのため、数式が出てくると訳注をもとに適宜日本語に変換して読んでいた。数式については、「数式という形」で内容を表している場合もあるので(ぶっちゃけ図もある)、この場合は形として解釈できた、と思う。ただし、全体記号だけは踏まえておかないと読めなかったけれども。


 むしろ、前半では「ア・プリオリ=経験的認識に先立つ」、後半では「トートロジー(同語反復)≒論理空間全域において真になる命題」という認識がないと苦労すると思う。しかも、ここでさえトートロジーに対しては「≒(ほとんど等しい)」を用いたように、何度も同じ訳注を見る羽目になった。なお、『論考』においてトートロジーについて同語反復という記述はない。ただ、トートロジーという言葉に対して同語反復という訳語が存在するため、読む際に頭の隅に置いておいた(楽だった)。

 本文を読んだ後に、ラッセルの解説に対して首をひねったのは、訳注を読む限りでは正しい反応だったらしい。解釈が間違っていると書いてあるし、ウィトゲンシュタイン自身もラッセルの『論考』の解釈には異を唱えていたらしい。


 最後にある翻訳者の解説もわかりやすく助かる。私が持っている岩波の『論考』は、初刷が2003年8月19日の第19刷(2012年12月25日)ものなので、2003年以前に刊行された同著と比べると格段に読みやすくなっていると思う。

 私が初めて『論考』に触れたのは、大学一年か二年の頃でありかつ大学図書館の蔵書だったと記憶しているので、これより古く読みにくかったのではないかと思う。もっとも、当時読んだ記憶が完全に揮発しており、かつ前述の通り数式を読み飛ばしていたことだけは明らかなので、読んでいたとは言えないだろう。


 一方で、この当時不真面目に読んだ記憶が揮発していたため、先入観や記憶違いに惑わされることなく読めたのは僥倖だったと思う。


 とまあ、こんな本も読んでいるんですよ。とメモ代わりに。
 ちなみに、最近読んだ本の中ではヤーコブ・フォン・ユクスキュルの『生物から見た世界(岩波文庫)』がとても面白かった。

 

生物から見た世界 (岩波文庫)

生物から見た世界 (岩波文庫)

 

 

『楽園追放-Expelled from Pradice-』はSFアニメファンのためのSFアニメ

 はじめに
 荒廃した地球を捨てた人類の98%は情報体となって地球と月の間にあるコロニー・ディーヴァ内のVR空間に移住していた。ときに西暦2400年、ディーヴァは地上からの執拗なハッキングを受けていた。保安局の命令により捜査官のアンジェラ(釘宮理恵)はハッキング犯を突き止めるべく、VR空間から地上に降りることとなる。アンジェラは仲間を出し抜くために地上活動用の体の生成を16歳で切り上げ、地上に残った人類の協力者であるディンゴ三木眞一郎)と凸凹コンビを組んでハッカーを捜すことになるのだが……。
 導入はまあこんな感じです。


最初に感じ取ったのはP.K.ディックの世界
 『ブレードランナー』が取り上げられるとき、必ずと言っていいほど序盤のアジア風未来都市の話題が上るのですが、私がこの映画を語るとしたら終盤の対決シーンです。

 なぜこれを引き合いに出したのかと言えば『楽園追放』の前半で、アンジェラがディンゴに話すディーヴァでの体験に「私は何百億光年むこうのガンマ線バーストを聞いたことがある」という台詞があるのですが、これもろに『ブレードランナー』のオマージュなんですよ(BR終盤のレプリカントの死に際の台詞に類似)。
 そして、映画『ブレードランナー』のイメージが強すぎるゆえに忘れられがちなのですが、原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』における重要なシーンは、廃虚と荒野が舞台になっています。

 と言ったわけで、特に強く反映されているのが『ブレードランナー』であり『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』なのですが!
 これは、SFアニメファンのためのSFアニメです。


2014年までのSFアニメに対する賛辞であり宣言
 ぶっちゃけ『メガゾーン23』のパート1、2、3の全部を一つにまとめて、『FREEDOM』と合成させ独自にアレンジしたモノ、と言えば(私と)同好の士にはわかりやすいと思います。
 大体80年代半ば頃から0年代初頭にかけて作られた、OVA、TVアニメ、映画……そうした先達に敬意を払いつつ、「我々は2014年にいるあなた達の子孫の一人である」と言っている作品だと思います。

 すなわち、『王立宇宙軍オネアミスの翼~』、『メガゾーン23』、『メガゾーン23 PART2』、『レアガルフォース』、『レリックアーマー・レガシアム』、『メガゾーン23Ⅲ』、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ(除OVA)』、『マクロスプラス』、『serial experiments lain』、『TRIGUN-トライガン-』、『カウボーイビバップ』、『攻殻機動隊-GHOST IN THE SHELL-』、『青の6号』、『VIRUS-virus buster serge-』、『攻殻機動隊-STAND ALONE COMPLEX-』、『ヴァンドレッド』、『戦闘妖精雪風』、『FREEDOM』、『ICE-アイス-』、『翠星のガルガンチュア』……うむ、切りがなくなってきたぞ、ってくらいにそういうアニメばっかり好き好んで見てきた人間向けです。
 補足すると、実写を入れると際限が無くなり(特にAI関連)、書籍を含めると大変なことになるので省いてあります。
 
 それゆえに「そういう人間以外にこれをぶち当てて大丈夫なんかいな? いや、ハヤカワと創元をそれなりに読んでればいけるか?」と思ってしまったくらいです。
 
 娯楽としてのSFって誰もかれもが同じ事を繰り返し試行錯誤することでデータを更新し続けているアーカイブみたいなものなんじゃないかなあ? と最近思っていることもあります。
 ところで、列挙して驚いたのですが、ここに並ぶガンダム系列の作品がありません。ガンダムはSFじゃないなどとは言いませんが、この系統からは外れるってことですね。マクロスにしてもプラスじゃないと、引き合いに出す意味がないくらいです。
 しかし、『ガンダムセンチネル』がアニメ化されていたら、間違いなく入っていたでしょう。映像化はよ。


楽園≒ユートピアディストピアとポスト・アポカリプス
 ディーヴァが管理社会の側面を有し権限による格差が存在するためか、楽園=ディストピアという部分はたしかにあるのですが、管理の仕方はさておき社会貢献という点が重視されていることからすると、ユートピアの要素も併せ持っているように思えます。
 ユートピアは理想郷という意味ですが、しかしそれが「誰にとっての理想なのか」となったとき、ディーヴァならば「人類にとっての理想郷。すなわち楽園」となるのでしょうが、それはすなわち個人の幸福追求ではなく、集団(人類全体)の幸福追求であるがために、管理システムが必要となり結果的に管理社会かつ社会貢献度(世界の維持)に比例する格差を生み出しています。
 そして、ユートピアは、奴隷階層の存在を前提としています。
 このシステムは、ディーヴァという環境を維持するために必要不可欠なもので、個人の幸福追求が集団すなわち社会の幸福追求と矛盾した場合、社会的制裁が発動しその個人は反社会的存在として弾かれるわけです。この辺は、現実の、私達が生きている今の世界と同じです。
 しかし、ディーヴァがディストピアである由縁は、管理社会かつ格差が存在するということよりも、そこに生きる人々がそうした世界に疑問を抱いていないという点にあると思います。
 この格差を生み出してしまう社会貢献度についてディンゴから疑問を呈されたとき、アンジェラは「当然でしょ」と答えます。
 教育による思考誘導どころではありません、社会ぐるみの洗脳です。
 これこそが、ディーヴァがディストピアである由縁です。
 
 対して、地上(地球)はポスト・アポカリプス的な世界として描かれています。
 
 なんか小難しいことを書いているように思われるかもしれませんが、見ながら反射的に考えたことを出力しているだけです。
 私の思考がそういう方向にとんがっているだけです。


楽園とは
 『楽園追放』のサブタイトルは『-Expelled from Pradice-』であり、『Pradice Lost』ではないんですよね。虚淵氏がニトロプラスのライターであることを踏まえると、『パラダイスロスト(light)』というエロゲーを思い出します。
 さて、『楽園追放』の楽園とは、果たしてディーヴァのことなのでしょうかね?
 作中でディンゴとアンジェラは最初は同じタイミングで同じ選択肢を、次にそれぞれ異なるタイミングで同じ選択肢と向き合うことになります。
 これが示唆する場所はどちらもある意味では楽園なんじゃないかなあ、と思いながら見ていました。
 

物語の行き着く先について
 amazonだったかな? 「これは序章」といった主旨のレビューがあったのですが、私からすると「フルコースです、おなかいっぱいです」となります。
 商売のお話しはさておくと、この内容でこういう幕引きでよかったと思います。
 もし、アンジェラやディンゴが別の選択肢を選んでしまったり、フロンティアセッターが別のかたちで目的を達成してしまったら、すんごいもしゃもしゃしたと思います。

 欲を言うなら、少々テンポが良すぎてどんどん進んであっという間に終わってしまうので、アンジェラとディンゴの言葉をもっと入れて欲しいとも思いました。最初の少しぎくしゃくした関係での会話やその後、フロンティアセッターに接触するまでの間の会話シーンが話としての必要最低限なものに留まるため、もう少し無駄話をさせて欲しかったというのがあります。
 では、言葉が足りないのかというとそんな事は無く、映像作品の特性を最大限に活用していて、最初から最後まで表情や仕草から読み取れる言葉の数は膨大でした。
 個人的には、アンジェラがバイタンらしき麺類のスープに香辛料を入れてもらって「うあ、美味しい」って顔をするシーンと、「ごっそり戴いていくわよ」と言うときの悪い娘な顔が好きです。
 ついでに、私は「ロリババア最高!」な人間なので、身体年齢より精神年齢が上というのは非常にポイントが高い部分でもあります(いきなり性癖を暴露するな)。
 

アンジェラはあの時、なぜ目を見開いたのか
 これはネタバレです。
 終盤の戦闘シーンで一瞬、アンジェラがそれまで見せたことがないような驚きをあらわにするシーンがあります。
 目を見開き。動揺を露わにするシーンです。
 映像はスローから静止にいたり、カメラは上空から撃ち下ろすニューアーハンを横から引きで映しています。
 アーハンのコクピットは、全周モニターなので――機体の周囲360度を見渡せるので――、画面から視聴者が見ている光景をアンジェラはその中心から俯瞰で見える位置にいることになります。
 とはいえ、見える範囲もたかが知れているのですが、地球は丸いので遮蔽物の少ない荒野は結構遠くまで見渡せるんですよね。
 つまり自分が地上に降りて、自分の脚で移動した範囲がどの程度かは数字で知っていても、実感として理解していなかったことに、そしてこの瞬間に理解したことが伝わってくるんですよ。
 世界に対する自分の小ささを思い知った瞬間であり、視聴者に思い知らせる瞬間ではないかと思いました。
 これを察して、フロンティアセッターがあの問いを投げかけたのだとしたら、彼は相手に敬意を払い、相手をしっかり見ている証拠です。
 物語の構成とかそういう視点を持ち込むとシンプルな仕掛け方なのですけどね。
 そんなことは捨て置いて、素直に感動したいシーンです。


アーカイブの意味
 これ、わりと重要なテーマとして潜んでいます。作中でロックを知らないアンジェラ対して、ディンゴが「ディーヴァはさ。ありとあらゆる人類の文明をアーカイブしてんだろ。なのにロックがないのかい?」と問い掛けます。この時のアンジェラの回答はこちら。

「未来に残す必要もない。無価値なサブカルチャーと判断されたんでしょ」

 結論から言うと、アーカイブを作成する際には保存対象となるものに対して、恣意的な振り分けを行ってはいけません。ジャンルが「人類全体」のアーカイブだとしたら、それこそ役に立つかどうか、未来に残す価値があるかどうか、なんてどうでも良いのです。
 逆にアーカイブだからこそ「役に立たなかったものがあれば、これは役に立たなかったものです」と残さないと意味がないのです。
 この辺は私が元・図書館員であるがゆえの発想かもしれませんが、今年(2017年)の初めにまさしく「役に立たなかった技術の資料が必要なのに、図書館が残していない」という話を聞かされたからでもあります。
 まさしく、アーカイブに穴を見た思いがしました。
 そして、完全性を目指したゆえの振り分けを行ったゆえに、完全性を失ってしまうという矛盾でもあります。
 これを『楽園追放』は突き付けてきます。


虚淵さんはMZ23がお好き?
 一時期、ゲーム業界のお仕事に首を突っ込んでいたことがあるのですが、ここで驚いたのは自分が「マニアックな趣味」だと思っていた『メガゾーン23』が共通言語、あるいは基礎知識とされていることがままあったことです。
 特にエロゲー業界では顕著で、とある広報担当の方は「常識です」とまで仰っていました。私はガーランドが格好良かったから、レンタルビデオ店を探し回って見ただけなんですけどね。見ていたお陰で意外なところで、やり取りが楽になりました。
 さて、アーハンのコクピット、端末であるということ、高機動戦の描き方(板野サーカスの方ではなく荒牧リスペクト)、どう見てもガーランドです。本当にありがとう御座いました(歓喜)。
 そもそもディーヴァの誕生経緯やフロンティアセッターの目的からして、じつにそれっぽいんですよね。
 ニトロプラス作品にもそういうところがまれに顔を出すので、これって本当はこういうのが大好きなんじゃないかなあ、と思いました。
 『浄火の紋章』という『リベリオン』の二次創作も作ってますし、いわゆるグロかったりえぐい話は得意だけれどいちばん好きなものではないのかも、とすら思いました。
 まあ、『メガゾーン23』自体、かなりとんがった作品なんですけどね。メカ好きだったら世評がどれほど散々でも、Ⅲの前巻は絶対に見るべきです。E=XガーランドVSハーガンをのシーンのためだけに見て損はありません。
 ちなみに、音楽的にロックなのは最初の『メガゾーン23』で、内容がロックなのは『PART2』です。
 それから、映像において血液とか臓物とかそういう描写を前面に出してくる方は、板野サーカス板野一郎氏その人だったりします。


基底床にあるSF要素
 書いていて気づいたのですが、映像作品を見るときなにを重視するかという点は人によって違います。
 『楽園追放』は自分のように「言葉としては語られていない。表情や仕草、人物やものの動きやカメラワークにどどの様なメッセージや意図が込められているか、という演出」を重視している人にはわかりやすいと思います。
 現実と仮想現実とか、人間の定義とか、実現できている楽園と未知の可能性とか……そういうことがぜーんぶ映像の中にあるので、あれこれ解釈したり考える必要がないんですよね。
 これらの演出の地盤になっているのが過去の先達から受け継いできたSF要素であるがために、SF要素が奥に引っ込んでいる面白い構造をしているとも思いました。

 逆に、これを見てSFアニメを感じないということは、そうした作品が自分のアーカイブに少ないから、だと思います。
 良いも悪いもありません。
 この自分のアーカイブの偏りは、自分が自分である証拠です。
 これをどう活用して、どう外に反映させるかも、自分が自分である証拠です。

 だから、私は『楽園追放』が大好きです。
 今後、折に触れて見返すのだろうなあ、と思います。

 ところで、DVD同梱のブックレットにゴーギャンの絵からの引用があるのですが、これって私が大好きな言葉なんですよ。「あー、こりゃ好きなわけだ」と納得した次第です。

『われわれはどこから来たのか
 われわれは何者か
 われわれはどこへ行くのか――』

 

  ※このテキストは2017年7月29日に書いたものです。

 

2018年6月3日(日)追記

『楽園追放』プロデューサー野口光一氏インタビュー

ascii.jp

 記事は2015年2月7日。劇場公開の翌年のインタビュー。この記事を知らずに上記のテキストを書いたため、「楽園追放が80年代OVAテイストな理由」のくだりを読んで、思わず苦笑してしまった。